ダイエットの「肝」は8割が食生活です

食生活の改善ですが難しく考えると続かないので端的に説明しますね。
まず、炭水化物の摂取量を減らしましょう。
「白米」「小麦粉」は大敵です。
小麦粉関連は「パン」「うどん」が例です。
特にパンは辞めておきましょう。(とりあえず60日間)
暫く駄目なものは下記の通りです。

  • 菓子パン
  • カレー
  • ラーメン
  • 中華料理全般
  • うどん(そばはお勧め)
  • バター等(脂質の高いもの)
  • スナック菓子
  • スイーツ系全般
  • チャーハン等油で炒めたもの

最初は躊躇しますが直ぐに慣れてきます。
基本野菜が中心になります。(品数を増やして量を摂取します)
サラダ(ドレッシクングはノンオイルで)は毎日必須です。
できるだけスムージーではなくカット野菜にしてください。
(スムージーにすると野菜の酵素が壊れます)
茹でたキャベツや温野菜も良いです。(ブロッコリーやニンジンなど)
スープはコンソメで薄味にしポトフ風がお勧めです。
メインには焼き魚がいいですね、もちろん肉もOKですが脂身の少ない赤身を
選んでください。
できれば鶏肉がベターです。(もも肉よりも胸肉)
調味料に使う「砂糖」ですが少々高額でも「甘味料」をお勧めします。
「シュガーカット」は筆者も愛用しています。

摂取量を考える

当然ですが摂取量も考慮しなければなりません。
とはいえ、今までの事を考えると一品あたりのカロリーも低くなるので
ある程度は食べてもOKとします。
※計算上1日の摂取カロリーを1600キロカロリー以下にしてください。
もちろん、それでは我慢できない時もありますので臨時に食べて良いものをリストアップします。

  • サラダ(ドレッシング少な目)
  • コンニャク
  • カロリーゼロのゼリー
  • かき氷
  • ごく少量のナッツ

もしできればですが一日の食事回数を5回くらいに分けて摂取すると空腹感も少ないですし
効率もいいです。(筆者はほとんど1日2回の食事でした)
本当は空腹感は時間的に短い方がいいです。
空腹時には血糖値が著しく下がるので甘いものが欲したり眠くなったりします。
基本カロリーの低いものは沢山摂取しても構わないので空腹感を紛らわしましょう。

健康の事も考慮した食物がお勧めです

カロリーオフばかりに気を取られると栄養バランスが悪くなります。
同時にミネラル豊富な食物も食しましょう。
筆者は「めかぶ」「もずく」といった海藻類も結構食しました。
「わかめ」「しらす」などサラダと一緒にすると食べやすいですね。

※筆者はこれだけで30日で6キロ痩せました。